ステンドグラス ネオ工房のフォト日記

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ガラスの使い方 ココモガラス


☆ 画像は、具象パネル(風景)には使用頻度の高いココモガラス(部分)です。……良いガラスです。

e0140090_1231549.jpg

☆ 僕の場合、具象パネル(風景)を制作する時、いつもガラス選びで問題になるのが、空です。
 光の抜け感があって表情に癖が無く、ブルーからホワイトへの美しいグラデーション! こんなガラスが欲しい
 んですが、いつもありません! こんな時の最後の手段は、ココモです。
 入荷時には必ず業者に行って、ガラス棚から元板を1枚ずつ引っ張り出しては確認して、良さそうなのを何枚か選
 びます。画像の左端がそのガラスですが、抜け感の良い非常に奇麗なガラスです。
 画像2番目と右端のガラスは、湖面や川等に使えますが、意外に良い感じなのは、山に使う方法です。もちろん他
 のガラスの色やデザイン等、全体のバランスを考えての使用ですが、かなり良い感じになります。
 ピンクのガラスに困ったら画像3番目のココモのピンク! このピンクも抜け感があって良いガラスです。

☆ ココモのガラスは、和風や抽象デザイン等にも使えて、おまけにカットも楽なので、お気に入りのガラスです。
  たまにですが、ココモのガラスには元板サイズで上記画像の様な表情のガラスがあります。スゴイよね!

[PR]
by neo-kobo | 2009-10-28 13:24 | 制作

ガラスの使い方 具象パネル−2


 ☆ 具象ステンドグラス (葡萄とクレマチス)  パネルサイズ( W600 × H1400  5パネル )
e0140090_8314410.jpg


☆ 画像は、玄関からリビングに繋がるフロアの明かり窓(腰高付近から上) に取付けた作品で、外壁の形状
 (少しアール)に合わせて取付けているので、少し離れれば全体を確認する事が出来ます。
  
使用ガラスは、ヤカゲニーとブルズアイ(共にスティップル)、ウロボロスの定番外等をバランス良く配置して
制作しました。
僕が具象デザインのステンドグラスを制作する時にガラスの使い方で気をつけてる事は、バックに使うガラスか
ら絵柄に使うガラスまでを違和感無く表現する事です。この作品でバックに使ったガラスは、ウロボロスで見つ
けた定番外のガラスで、クリアの元板にグリーンのストリーマーだけが入ったガラスでした。元板で6枚ありま
したが、ストリーマーの入り具合(量、位置)もバラバラで非常に面白いガラスだったので、このガラスを見つ
けた時はホッとした事を覚えています。
上の作品画像を観てもバックに使ったガラスのグリーンストリーマーまでは、確認し辛いですが、取付時は屋外
にある隣接した笹等がウロボロスの独特のクリアを通して、良い表情を出しています。


  e0140090_1061357.jpg



( 使用ガラス画像例 )



☆ バックに表情のある何種類かのガラスを使う場合は、同じベースカラーと質感を含んでるガラスを選ぶ事で、
  ガラスの表情を取り込みながら違和感の無い作品に仕上げる事が出来ます。

[PR]
by neo-kobo | 2009-10-24 10:34 | 制作

ガラスの使い方 具象パネル−1

e0140090_9434555.jpg

☆ 画像は、以前制作した(藤とツルバラ図)のステンドグラスパネルです。(サイズ W600 × H1300 4パネル)

玄関吹き抜けの上部に取付けたパネルで、使用ガラス全体の70%が定番外のガラスを使って制作しました。
初期のブルズアイスティップルと特注スティップル、バックに使ったガラスは殆どがポートランドのウロボロスで探し
た定番外のガラスを使いました。このガラス、元板の半分がクリアで残り半分が暴れた白流れ、裏側には淡いグリーン
のフラクチャーが付いて僕好みのガラスでしたが、元板で6枚しかなかったので、良い所取りしての4パネルにバラン
ス良く振り分けるのは、かなり苦労しました。また特注スティップルの暴れた表情を使った事で画面全体に深みを与え
独特の陰影をつける事が出来ました。

  e0140090_743641.jpg
( スティップル使用ガラス画像例 )



☆ 具象パネルのデザインで気をつけてる事は、ガラスの表情までも取り込んで、全体の画面構成をする事です。
[PR]
by neo-kobo | 2009-10-22 20:47 | 制作

ドラゴンフライ−6


  ☆生徒 Sa さんのドラゴンフライ(14インチ)
e0140090_20171032.jpg

 ☆ 今週の教室で生徒 Sa さん制作のドラゴンフライが完成しました。

4人同時制作しているドラゴンフライの2個目の完成です。
同じ1種類のガラスを使って制作していますが、元板ガラスの表情が全て違う事や、生徒のガラスの選び方も違う
ので、仕上がった作品にも個性が出ています。画像では解り辛いですが、こちらの作品に使ったガラスにはピンク
色の所が多くあったので、トンボの羽に使う事で、羽の質感やバックとの対比が上手く表現出来ています。

 ☆ Sa さん、集中授業で大変でしたが、素敵な作品に仕上がって良かったですね! お疲れ様でした。
[PR]
by neo-kobo | 2009-10-17 17:00 | 教室

ティファニーランプ バンデッドダッフォディル ( Is-1 )


  ☆ 生徒 Is さん制作のティファニーランプシェード ( バンデッドダッフォディル )

e0140090_200820.jpg

偶然ですが、いま教室では二人の生徒さんが、
バンデッドダッフォディルを制作中です。

こちら作品は、生徒 Is さんの希望で 淡い色合い
のガラスを使って制作していますが、微妙な濃淡
のガラスを良い所取りしてバランス良くまとめる
のは、かなりの時間と手間のかかる作業でした。

   ☆ 生徒 Is さん、ここまで大変お疲れ様でしたが、抜け感のあるガラスの微妙な濃淡を上手く使って、
     柔らかな雰囲気をバランス良く表現出来ているので、ランプシェードの仕上りが楽しみです。

[PR]
by neo-kobo | 2009-10-15 21:15 | 教室