ステンドグラス ネオ工房のフォト日記

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ティファニーランプシェード 16インチ・ハイドレンジャー

e0140090_1140758.jpg
 生徒Kさんのティファニーランプシェード
 16インチ・ハイドレンジャーのフロアーランプシェードが
 完成しました。

 ガラス、色、抜け等のバランスも良く、完成度の高い作品に
 仕上り、Kさんもホッとしていました。

 このランプシェードは裾のデザインが変形しているので補強
 の真鍮リムが無い為に強度が弱く、補強をしないで仕上げる
 と裾周りのラインも細く不自然なので、教室では3ミリ程の
 銅線を裾のラインに合わせて私が取付けをしています。

 3ミリ程の銅線でも裾のデザインに合わせて銅線を曲げなが
 ら取付けるのは女性の生徒には非常に難しい作業です。

 銅線を取付けたことで強度も増し、なによりライン合わせが
 奇麗なのでランプシェードのランク、上がりますよね!

 素敵な作品です。  Kさん、お疲れ様でした。
[PR]
by neo-kobo | 2008-04-26 12:14 | 教室

アメリカ、ガラスの旅 2 アンフェアの巻



3人での旅のはじまりが、何故か一人旅になって‥‥‥。
今思い出しても機内での記憶はあまりありません。普通に機内食を食べて、
普通に映画を全て見て、普通に眠り、普通に機内を散歩したと思います。

現地時間朝8時頃だったと思いますが、飛行機は無事サンフランシスコに
到着。今回で2度目のサンフランシスコですが、サンフランシスコと言えば、
映画好きの私には、イーストウッドのダーティーハリー、マックインのブリッ
トが真っ先に頭に浮かびます! って言うか、それしか浮かばないのですが、
前回サンフランシスコに来た時に、ブリットに出て来た某有名なホテルが昔の
ままの姿で現在も営業しているのには驚きました! 
ラストサムライもそうでしたよね!? 私の記憶が間違ってなければ、最初の
シーンで昔のサンフランシスコがCGで表現されていた事に感動した事を覚えて
います。 さすがハリウッドですね! 数秒程の短いシーンの為に昔の街並を
CGで表現するなんて、こだわってますね! このこだわり方、好きです。

少し話が反れましたが、空港からはチャイニーズのお兄ちゃんの運転するタク
シーでホテルに向かいました。 空港を出てタクシー乗り場に向かって歩いて
る時、このお兄ちゃんと目が合ったかな〜と思っていたら、このお兄ちゃん、
タクシー待ちのお客を、他のタクシーにどんどん案内して、最後に私を自分の
タクシーに乗せるんですよ。またまた、少し嫌な感じがしたんですが、
このお兄ちゃん、ホテルに着くまでズーッと喋っていて、陽気で楽しいお兄ち
ゃんでした。 同じ様な顔をしてたんで乗せたくなったんでしょうか?
楽しいお喋りを聞きながらホテルに到着しました。 

ホテルにチェックインしてからは少し休憩を取り、Oさんに電話を入れました。 
いましたよ〜! 電話の向こうでOさんの声が‥‥、いつものように笑っていた
ので少し安心して、翌日の待ち合わせ時間等を打ち合わせして電話を切りました。 
いや〜! 安心したんでしょうね!? どっと疲れが出て来たので、そのまま眠
った事を覚えています。 

翌朝ホテルのチェックアウトを済ませて空港で二人と待ち合わせ、定刻通り二人
もサンフランシスコに着いたので、打ち合わせ現場に直行して打ち合わせを済ま
せ、午後からは、ステンドグラスのガラスを探しに、ポートランドに出発しまし
た。ポートランドに移動中、成田空港での二人の話を聞いたんですが、何だかニ
ヤニヤしてるんですよ! 話を聞いてると徐々にその原因が分かって来たんです‥
‥‥、 驚きました! そんなんあり〜ッて感じです。 
詳しくは話せませんが、たまには乗り遅れるのも良いかも!  いや、絶対良い
かも!! 旅の後半だったと思いますが、その時の機内での様子の写真を見せて
もらいましたが、こんな事があっていいのでしょうか‥‥‥‥‥‥?
‥‥二人には、快適な空の旅だった様です。 

今思えるのは、これは個人の持ってる強運じゃないかと、言い聞かせております。

次回、ポートランドでは、いつも陽気で英語ペラペラのMさんと合流しての
楽しい旅の続きをお話しします。
[PR]
by neo-kobo | 2008-04-18 23:33 | 制作